フィギュアスケート路線をいざ出発♬♬

さあ、もうすぐフィギュアスケート路線が出発しますよ!!各駅にはフィギュアスケートの情報が満載!特にコストルナヤ選手の情報はお見逃しなく!!ぜひご乗車ください!!

羽生結弦 ついに『スーパースラム』達成へ!

 今回は、羽生結弦選手が四大陸選手権を優勝したことで、ジュニア、シニアの主要国際大会を全て制する「スーパースラム」に達したことについてお伝えしていきます。


 f:id:kopipitokabax:20200212183940j:plain


 四大陸選手権はハイレベルな戦いでした~。


 その中でも羽生選手は、圧倒的に強かったです。


 演目を平昌オリンピックの時に戻し、再び 「SEIMEI」を見ることができたので、感動しました。


 見事優勝し、これでジュニア時代も含め、主要国際大会のタイトルを全て制したことになります。


 四大陸選手権初優勝ということは、少し意外に思いました。


 既にタイトルを取っていると思っていたので、、


 そこで、羽生選手がスーパースラムになるまでの経緯を見ていきましょう!!


 「完全制覇までの道のり」

 ★ジュニアグランプリファイナル

 2009年の12月、東京で開催された大会。ショートは69.85点と3位発進も、フリーでは1位の136.92点で逆転優勝を飾った。


 ★世界ジュニア選手権

 2010年大会で金メダルを獲得。ショートでは68.75点と3位発進も、フリーでは1位の147.35点と逆転優勝。


 GPファイナル

 2013年12月に開催。ショートでは当時の歴代最高得点となる99.84点をたたき出す。フリーでも当時の歴代2位の得点となる293.25点を出し、頂点に立った。その後の2016年大会まで史上初となる4連覇を飾った。


 ★世界選手権
 2014年大会で優勝。ショートでは91.24点と3位だったが、フリー1位の191.35点で合計282.59点を出した。2017年大会でも2度目の優勝。


 ★五輪

 2014年のソチ五輪。ショートでは101.45点と国際大会公認では史上初の100点超えで首位発進。フリーでも1位の178.64点と合計280.09点で、日本男子初の金メダルを獲得した。4年後の2018年平昌五輪では、ショートは111.68点、フリーでは206.17点、計317.85点で66年ぶりに連覇を達成した。


 四大陸選手権

 2020年の大会では、ショート「バラード第1番」、フリー「SEIMEI」と平昌五輪のプログラムで滑った。合計299.342点で初優勝。



 以上です。


 こうして振り返ると、滅多に出現しない選手であると思い知らされます。


 ちなみに「スーパースラム」を達成した選手は、02年のソルトレイクシティ五輪王者のアレクセイ ヤグディン、06年のトリノ五輪王者のエフゲニー・プルシェンコ、10年バンクーバー五輪王者のエバン ライサチェックの3人だけです。


 羽生選手は、これで4人目となります。


 こうして見ることが出来て、嬉しいです。


 まだどのくらい現役でいてくれるのかは分かりませんが、今後も感動の舞を私達にとどけてくれると思ってます。


 改めて『スーパースラム』達成おめでとうございます!!


 今回は以上です。ありがとうございます。