フィギュアスケート路線をいざ出発♬♬

さあ、もうすぐフィギュアスケート路線が出発しますよ!!各駅にはフィギュアスケートの情報が満載!特にコストルナヤ選手情報はお見逃しなく!!ぜひご乗車ください!!

トゥクタミシェワ 貫禄優勝! ロステレコム杯2020

 今回は、グランプリシリーズのロステレコム杯2020においてエリザベータ・トゥクタミシェワ選手が優勝したことについてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20201122200758j:plain


 いやあ~すごいですよ。23歳ベテランの舞を満喫しました。しかも、出場選手がシェルバコワ選手がいないとはいえ、トルソワ選手やコストルナヤ選手が出場している中での優勝でした。ほぼ10代の選手が揃う中でです。20代はトゥクタミシェワ選手くらいですね。

 正直びっくりしました。確かにトリプルアクセルがあるので、表彰台にはきそうだと思ったのですが、4回転ジャンパーを抑えて優勝とは驚きです。

 f:id:kopipitokabax:20201122200830j:plain

 ショートプログラムの曲は、スパルタクスよりadagioです。ゆったりとした曲でリンクを大きく使った見ごたえのあるプロでした。

 トリプルアクセルは綺麗にとんできました。見ていて気持ちが良いです。豪快にとびますね。余裕もありました。続くフリップでミスが出ましたが大丈夫でした。

 ルッツも綺麗ですね。10代の頃から変わらず彼女の得意ジャンプです。音を捉えたステップは磨きがかかっています。レイバックスピンも復活し好調でした。

 得点は74.70です。2位でフリーを迎えました。首位はトリプルアクセルなしのコストルナヤ選手です。3位はトルソワ選手でした。

 f:id:kopipitokabax:20201122200903j:plain

 フリーは、和プロで村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」がテーマでした。日本の曲です。背中に愛の文字が刻まれていました。忍者に見えました。

 トリプルアクセルは鮮やか。コンビネーションをつけて降りてきました。続く2本目はステップアウト。認定されています。すごいですね。最早得意ジャンプになりつつあります。

 その後のジャンプも全部成功します。特にルッツは素晴らしかったです。若手に劣らず豪快です。曲が日本独特なのでクセになりそうです。

 ステップは勢いにのっていきました。ジャンプも決めて見せ場のステップです。手拍子も起こり、スピードもすごかったです。笑顔もこぼれていました。フィニッシュも満足げでした。観客からは声援も人一倍でした。

 得点は148.69。総合223.39で逆転優勝を収めました。本人からも拳を上げていました。久しぶりに彼女の優勝を見ました。2015年の世界女王です。しかも、ロステレコム杯は初優勝ということで驚きました。

 粘りに粘って掴みました。こちらも嬉しかったです。ちなみに2位はコストルナヤ選手でした。ノーミスでしたが、トリプルアクセルがないので伸び悩みました。トルソワ選手はまさかの4位でした。表彰台を逃すのは初めてではないでしょうか?


 これはロシア選手権が楽しみです。シェルバコワ、コストルナヤ、トルソワ選手に加えて、好調なトゥクタミシェワ選手、ジュニアのワリエワ選手やウサチョワ選手らもおり予想がつきません。枠を増やしたいですね。


 今回は以上です。ありがとうございます。

コストルナヤ トリプルアクセルお預けか!? ロシアカップ第四戦

 今回はコストルナヤ選手の今シーズン初戦であったロシアカップ第四戦についてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20201110122007j:plain

 9月のテストスケート以来です。テストスケートではフリーを棄権していたので心配していましたが元気な様子でした。金髪にしてイメージを変えていました。


 さて、ショートプログラムは「ビリー・アイリッシュ」。しっとりとした女性ボーカルに合わせて演じました。冒頭のダブルアクセルは余裕でした。

 トリプルルッツも問題なし。大きなジャンプです。後半に入り、スピードを上げて連続ジャンプ。ここは少し乱れてしまいましたが大丈夫でした。そして意外だったのがスピンのミス。回っている途中でぐらついてしまいました。

 ステップは見事です。軽く跳ねるところもツボです。よくつまずかないなと思います。肩の力が抜けたような感じでした。

 f:id:kopipitokabax:20201110122143j:plain

 演技を終えた後はスカッとした表情をしていました。ニコニコとプルシェンココーチの元へ戻っていきました。拠点を変えてゴタゴタも落ち着いたのでしょうか。

 ショートの点数は78.15。トリプルアクセルに挑戦したトルソワ選手を超えて首位に立ちました。点が出たときは本人も驚きの表情でした。全体でもトップで首位に立ちました。すごいです。

 f:id:kopipitokabax:20201110122240j:plain

 フリーは「Dance for me Wallis」。聞いたことがある曲でした。ショートとは雰囲気が違います。落ち着いた曲調です。コストルナヤ選手が滑りやすそうな曲です。

 ピンクの衣装で登場しました。エテリ組から移籍してフリーを全部作り直したので、テストスケートには間に合いませんでしたが、完成したようです。

 キリッとした様子で滑り出しました。イナバウアーからのダブルアクセルは変わらず見事でした。続くルッツも大きいです。そして、カウンターからのダブルアクセルも余裕でした。後々ここにトリプルアクセルを投入してきそうです。

 リンク全体をゆっくり滑るので、洗練されて見えました。後半の連続ジャンプも問題なし。この後のジャンプも全て降りました。ショートでぐらついたスピンも修整してきました。

 曲調も途中で変わり見ごたえがありました。最後まで滑りきったので素晴らしかったです。初披露でもまとめてきました。慎重に滑っていたようですが、品があります。

 初披露を終えたフリーの得点は148.16。トリプルアクセル抜きでこの点数はすごいと思います。総合でも226.31と2位につけました。


 そして優勝したのは4回転を3本きめたトルソワ選手でした。248点とコストルナヤ選手に20点以上の差をつけて圧巻優勝でした。強いです。昨季よりもパワーが感じられます。


 コストルナヤ選手は初戦なので、まずは滑りきることが目標だったと思います。今回はクリアしました。何より元気そうだったのが救われました。


 気になるトリプルアクセルは今回見られませんでしたが、GPロシア杯では投入してくるかなと思います。そしてロシアカップ第五戦ではワリエワ選手と当たります。どうなってくるでしょうか。


 今回は以上です。ありがとうございます。

ロシアテストスケート2020 女子sp ワリエワも参戦!

 今回は、ロシアテストスケート2020についてお伝えしていきます。7人が滑ったのですが、その中で恐らく北京五輪代表筆頭候補である4人のspについて書きます。


アンナ・シェルバコワ

 f:id:kopipitokabax:20200913181245j:plain

 曲は「joshua B ell」。しっとりとした曲です。シェルバコワ選手の繊細さが際立っていました。余計な音が入っておらず、ゆっくりと時間がたつ感じです。

 冒頭のダブルアクセルは、なんと両手を挙げてとんできました。難しそうなのに簡単にとんで見せました。もしかしたら、シーズン中にトリプルアクセルを入れてくるかもしれませんね。昨シーズンはトリプルアクセルを入れないことでコストルナヤ選手に差をつけられていたので。

 トリプルフリップ、後半の連続ジャンプも余裕でした。ただ連続ジャンプが詰まっていたので、身長が伸びた影響かもしれないです。

 ステップの手の使い方がとても綺麗でした。焦らずじっくりとステップを踏んでいて印象的でした。


カミラ・ワリエワ(ジュニア)

 f:id:kopipitokabax:20200913181304j:plain

 曲は「stom」。なんとまだジュニア選手。特別に出場しました。世界ジュニア選手権金メダリストです。来シーズンにシニアデビュー予定です。北京五輪代表を狙っています。

 ワリエワ選手の曲は素敵ですよね。ピアノの単調な音色に控えめそうな目がマッチしています。曲の冒頭にクルクルと回るのはジュニア選手らしいなと感じました。

 最初のトリプルフリップは完璧です。降りたときに軽く跳ねます。余裕があり、プラスポイントです。ダブルアクセルも両手を挙げてとんで見せました。エテリ組は両手を挙げるんですね。流れも途切れることなく、後半へ。

 後半は少し曲調が強くなり、勢いに乗ります。そして、見せ場の連続ジャンプも見事。ブレることなく着氷。

 ワリエワ選手はスピンが大変独特です。ドーナツスピンの時に片手を下げるのです。これはワリエワ選手しかいません。そして、スピンは直線です。しかも急いで回るのでなく、ゆっくりと回るのです。

 もちろんノーミスで終え、シニア選手達に存在感を示しました。


アリョーナ・コストルナヤ

 f:id:kopipitokabax:20200913181320j:plain

 曲は「no time to die」。女性ボーカルです。低めのボイスで響きます。コストルナヤ選手にしては渋めできたかなと思いました。

 冒頭のダブルアクセルは綺麗です。イナバウアーから跳ぶのでしなやかさがあります。本当はトリプルアクセルの予定ですが、回避してきたのでしょう。ダブルアクセルでも充分にいけます。

 トリプルルッツは危うかったです。しかし、見事に着氷しますから恐ろしいです。安定しています。幅があり、スカッとします。スピンも健在です。

 後半の連続ジャンプはスピードがあり、しっかりと決まりました。連続ジャンプで転ぶのは見たことがないので安心して見ていました。

 ステップはジャズみたく、少し激しめでした。合いますね。滑りこなしていました。決めもキレキレでした。これにトリプルアクセルが復活すれば、どのくらい伸びるでしょうか。楽しみです。


アレクサンドラ・トルソワ

 f:id:kopipitokabax:20200913181336j:plain

 曲は、「シークレットガーデン」。今までとはガラッと変わりました。ピアノのしっとり系に変化していたのです。表情も穏やかで別人でした。バタバタ感がなく見入ります。

 冒頭のダブルアクセルもすんなり入ります。トリプルフリップも鮮やか。曲に合わせて跳ぶので素晴らしいです。

 リンク全体を使って、後半の連続ジャンプへ。落ち着いて着氷しました。ジャンプのトルソワ選手ですが違いました。ステップが昨シーズンよりも上手くなっていたのです。

 終始動くのではなく、止まりながらシュッとステップを踏んでいました。こんなのは初めて見ました。曲も素敵なのでハマりそうです。すごい改善してきた感じがあります。ショートでも良い位置につけそうです。


 以上が注目の4選手でした。いかがでしたか。来シーズンはいよいよ五輪なので、プレシーズンということになります。

 北京五輪の代表には、恐らくこの4人の中から3人が選ばれそうです。分かりませんが。

 つまり1人は出られないことになります。3枠なので。世界トップレベルなのに過酷です。

 他にもこのテストスケートには、メドベデワ、サモドゥロワ、トゥクタミシェワ選手らが出場していました。ベテラン勢も華麗な演技を見せてくれました。

 フリーも楽しみです。

 今回は以上です。ありがとうございます。

ついに!フィギュアの年齢制限を15歳から17歳に引き上げ検討か

 今回は、フィギュアスケート界においてシニアへの移行の年齢制限を15歳から17歳へと引き上げを検討することについてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20200827190116p:plain

 国際スケート連盟のヤン・ダイケマ会長が豪州紙にて明らかにしました。


 フィギュアスケートの世界では、女子に現れがちですが、体重が軽く、高難度ジャンプが跳べる10代前半から中盤でピークを迎える選手達が多く、選手寿命の低下が懸念されていました。


 2018年平昌五輪では、当時15歳のアリーナ・ザギトワ選手が金メダルを獲得しました。昨シーズンのグランプリファイナルでは、シニアデビューを果たしたばかりのコストルナヤ選手、シェルバコワ選手、トルソワ選手の3人が表彰台を独占しました。


 昨年12月に競技生活の中断を表明したザギトワ選手は、わずか18歳で現役引退の可能性が報じられています。


 7月には、フィギュアスケートのペアで2017年世界ジュニア選手権金メダリストのエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ選手がマンションの6階から転落死。自殺と見られています。


 20歳前後で燃え尽き、摂食障害精神障害に陥る選手も多く、ダイケマ会長は年齢制限の引き上げについて、「アレクサンドロフスカヤの死が再考のきっかけになった。2021の会議で議論され、議論されるだろう。何人かのISUメンバーも同意している」と、説明しました。


 もし採用となったら2022年北京五輪以降の導入となります。


 長年シニアの年齢制限引き上げ案は、ささやかれ続けてきました。知る限りだと、ソチ五輪の時から言われていた気がします。


 当時の15歳、ユリア・リプニツカヤ選手もソチ五輪でシニアデビューして五輪団体戦では金メダルに貢献した一人です。しかし、その後は体型変化に苛まれ思うように結果が出てこず、19歳で現役を引退しました。


 ザギトワ選手も同じ道を辿ろうとしています。今シーズンは、国内大会のエントリー名簿に載っていません。分かりませんが、20歳より前に引退ということになれば、シニア年齢制限引き上げは加速していきそうです。


 平昌五輪以降は、ロシア選手のみならず世界中で10代の選手がトップに君臨する傾向が見られていきます。ジュニア選手でも4回転を跳ぶ選手が増えていきました。


 まもなく開催される2022北京五輪では、15歳となる世界ジュニア選手権金メダリストのカミラ・ワリエワ選手が有力候補と既に言われています。確かに実力者ですが、もし本当に彼女が15歳で金メダルを獲得するようなことがあった場合、年齢制限引き上げは確実のものとなるでしょう。


 ここは是非、コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワ選手あたりに踏ん張ってもらいたいです。3枠しかないので、ワリエワ選手含む4人のうち、誰か一人は漏れてしまいますが。


 年齢制限は引き上げて、ルールも明確にしてもらいたいです。20歳以降の選手の活躍も見たいです。


 今回は以上です。ありがとうございます。

コストルナヤ 電撃移籍のある真実とは

 今回は、グランプリファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ選手の移籍についてお伝えしていきます。

f:id:kopipitokabax:20200821224748j:plain

 ロシアメディアによると、ジュニア時代から長く指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼコーチとの師弟関係を解消し、トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンココーチの指導を受けることになりました。


 これに関して、エテリコーチも認めているそうです。「かつてリプニツカヤはメドベデワと一緒に氷上に行くことを拒否し、メドベデワはザギトワと一緒に氷上に乗ることを拒否した。そして今、コストルナヤから完全なリストを受け取りました。そこで私たちは彼女と別れました」


 エテリコーチの元からは、有望株の一人、アレクサンドラ・トルソワ選手がプルシェンコの元に移籍したばかりです。


 これでロシア3人娘のうち、エテリコーチに留まるのは、アンナ・シェルバコワ選手のみとなりました。


 同コーチには、北京五輪有力候補のカミラ・ワリエワ選手もおり、殺伐としていたようです。平昌五輪金メダリストのザギトワ選手もおり、有力選手ばかりが集まっています。


 グランプリファイナル女王で欧州女王のコストルナヤ選手でも、あまり居心地は良くなかったようです。


 過去にもエテリチームはライバル選手同士が一緒に練習するのが難しくなったことを例にあげ、コストルナヤ選手も同様の背景があったそうです。エテリコーチは、正しいことをやってきたと貫き、やり方も変えない方針を示しました。


 コストルナヤ選手は、北京五輪シーズンをもって引退を表明しているので色々と考えることもあったのかもしれません。


 ファンとして移籍は驚いていますが、昨季の国際大会全勝の自信をもって、今シーズンも新たなスタートをきってほしいと思います。応援してます。


 プルシェンココーチと合うかどうか。トルソワ選手もいるので、少しライバル意識はあるかもしれないですが、頑張ってほしいです。前よりは精神的に落ち着けるのかなと。


 今シーズンは新型コロナウイルスもあり、波乱のスタートとなりそうです。


 今回は以上です。ありがとうございます。

ロシアフィギュア界に潜んでいる問題点 限界を知らず

 今回は、世界のトップに君臨するロシアフィギュアスケート界が抱えている問題点についてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20200704224955j:plain


 この問題点を明かしていたのは、アイスダンスティファニー・ザホースキ選手です。選手とコーチの関係性について語りました。


 「ロシアにはコーチが中心的であるという非常に強いメンタリティーが存在します。コーチに多くの権力があるのです。この選手がもっと練習する必要があると考えれば、選手を練習するようにプッシュし、よく練習しているのかチェックしています」


 練習メニューに関してもコーチの持つ力が強いといいます。イギリス出身のザホースキ選手は、ロシア国籍を取得し、土地ごとのスケート界の現状を見てきたようです。


 「コーチの力が強いことは良いことだと思います。なぜなら選手は正しいモチベーションなしに、自身のキャパシティを把握することは出来ません。限界点を知らない若者には、この厳格なバランスが求められるのです」


 10代前半からシニアで活躍するロシア。世間から見れば、子供であるゆえ、コーチの舵取りが必要になります。しかし、問題もあります。


 「コーチは選手に限界を超えた練習を課してしまうことがあるのです。しかし、問題は子供がそのことに耐えてしまうことです。体が若いので、怪我から回復する時間が早いのです。それによってコーチはもっと練習を課してしまい、疲れる前にどんどん運動してしまうのです」


 コーチは、選手の限界点があることを理解し、それを尊重することが必要だ、と述べています。


 オーバーワークも問題です。ロシアのフィギュアスケート育成環境は「チャンピョン製造工場」と呼ばれているそうです。


 次々とトップが入れ替わるロシア界。活躍が目覚ましいのことは良いのですが、あまりに早く替わると貴重性も薄れていくと危惧しています。ザギトワ選手も踏ん張っていますが、なかなか苦しいです。


 トルソワ選手達もいつか後輩に迫られてくるのかもしれません。しかし、年齢を重ねるにして見ごたえも深まるので諦めないでほしいです。


 今回は以上です。ありがとうございます。

メドベデワ 不振の原因はいかに

 今回は平昌オリンピック銀メダリストのエフゲニア・メドベデワ選手が不振に堕ちている原因についてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20200620135225j:plain


 メドベデワ選手は2シーズン前までは鉄の女でした。しかし、急激な後輩の台頭もあり、継続的に活躍していくことはメンタル面の影響もあり、難しいです。ロシアの振付師、イゴール・ボブリン氏が明かしています。


 メドベデワ選手がカナダに拠点を移したことにも理由があります。かつてのコーチ、エテリ・トゥトベリーぜコーチのもとを離れる決断の説明に多くのエネルギーを費やしたことで、「マスコミたちが彼女からパワーとエネルギーを奪った」とされています。


 新コーチのブライアン・オーサーコーチとの練習がうまくいくかどうか分からないです。メドベデワ選手は17シーズンを終えてから、オーサーコーチとコンビを組み、トレーニングに励んできました。それ以後の2シーズンは優勝から遠ざかっていますが、母国でも高い関心を集めているようです。


 トゥクタミシェワ選手みたいに、再びトップに上がってきてほしいです。健康面も考えながら練習していくと思うので、辛いと思います。


 周りの同世代の選手はいなくなりましたが、ザギトワ選手と共に優雅な滑りを見せてほしいです。


 今回は以上です。ありがとうございます。