フィギュアスケート路線をいざ出発♬♬

さあ、もうすぐフィギュアスケート路線が出発しますよ!!各駅にはフィギュアスケートの情報が満載!特にコストルナヤ選手情報はお見逃しなく!!ぜひご乗車ください!!

【だ、大丈夫??】宇野昌磨 メインコーチなしか?

 今回は、平昌オリンピック銀メダルの宇野昌磨選手が、今シーズンはメインコーチがいないまま試合に臨むと発表したことをお伝えします。


 衝撃的ですね、、、今までコーチがいないまま試合に臨んでいる選手を見たことがありません、、


 長年お世話になった樋口コーチのもとを離れて、現在、海外拠点を視野に練習に励んでいる宇野選手。

  f:id:kopipitokabax:20190717220757p:plain
  元気そうです〜!
   

 「早く見つけようと思っていない。今季はメインコーチを慌てて決めるつもりはない。おそらくですけど、僕1人でやっていくんじゃないかと思っています」


 とコメントを残していました。やっぱりゆっくり決めていきたいんですね。宇野選手にとっては初めてコーチを変えるのでゆっくりと決めるのもひとつかな〜と思ったりします。


 実は、宇野選手、6月13日から7月11日まで女子シングル平昌オリンピック金メダリストのアリーナ ザギトワ選手らを指導するロシア人のエテリ トゥトベリーゼコーチの夏季合宿に参加していました!!


 自分のペースでなく、環境に合わせてバレエの練習にも取り組んだといいます。


 「エテリコーチの厳しい中に優しさも感じた。良い経験もできた」


 と語っています。


 宇野選手は今後しばらくの間、中京大学を拠点として、本田武史さんにジャンプの指導を受ける予定だそうです!


 さらに、9月にはスイスのステファン ランビエール氏の合宿に参加する予定です!!


 今季のショートプログラムは、シェイリーン ボーン氏、フリーはデイビット ウィルソン氏が振り付けを担当するそうです。これから振り付けをするようで、心機一転、どんなプロになるのか待ちきれないですね!!!


 8月に振り付けを行うそうですよ!もうすぐですね!!宇野選手の新しい姿を見たいです!


 今回は以上です。ありがとうございました。

【ちょっと奇抜?!】坂本花織 新フリープログラムとは??

 今回は、全日本女王の坂本花織選手の新フリープログラムの曲が発表されたので、お伝えしようと思います。


 周りの選手達(紀平、宮原、樋口、本田選手など)が続々とプログラムが決まっていたので、坂本選手はどうしたんだろうと思ってたところでした!


 公開されたのは、15日の全日本強化合宿でのことでした。愛知県豊中市中京大アイスリンクで初披露でした(私はまだ見ていませんが、、、)


 さぁ!その新曲とは?


 なんと映画マトリックスです!テーマは、女スパイ的な感じだと語り、映画のカッコよさを見せたい、と意気込んでいました!!


  f:id:kopipitokabax:20190716131351p:plain
 楽しんで滑っている様子です。はっちゃけていますね!

 
 今まで見たことがないので、どんな感じに仕上げてくるのかわくわくします。パワフルなジャンプの持ち主なので、豪快に映画のシーンを見せてもらいたいですね!!!


 そして、気になる振付師は??


 ブノワ リショー氏に決まったそうです。私も聞いたことがあるので、有名な方だと思います。このプログラムは、上半身や下半身の動きが多い内容で、本人も


 「ジャンプを入れて滑るのがキツイです。息より先に腕がしんどくなる」ともらしています。坂本選手がそう言うくらいなので、結構ハードなプロだと推測できます、、、


 複雑な動きをマスターして、アクション映画さながらの演技でお客さんを魅了していってほしいです!!


 今回は以上で終わります。ありがとうございました!! 

【新たな道のり】宇野昌磨 ミズノと契約か?

 今回は、平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨選手が10日に、ミズノブランドアンバサダーと契約を結んだことについてお伝えします。


 宇野選手は、普段の練習や移動時にミズノ社のトレーニングウェアを使用するそうです!


 それだけでなく、ミズノアパレル品の宣伝 広報活動にも協力していくみたいです。ちなみに宇野選手が着用するトレーニングウェアは、今年の8月から順次発売していく予定みたいですよ!!


  f:id:kopipitokabax:20190715092832p:plain
  おぉ〜〜 かっこいいですね!!
   

 宇野選手のコメント。

フィギュアスケートの日本代表チームをサポートしていただいているミズノさんに、ブランドアンバサダーのオファーをいただき、とても光栄です。今までも愛用しているトレーニングウェアやシューズも今後もサポートしていただきながら、良いパフォーマンスをお見せできるようトレーニングに励んでいきたいと思っています」

 です。


 良かったですね!これからも演技に磨きをかけて頑張ってもらいたいです!!!調子の悪いときでも見守っていますよ〜!

 

【ソチオリンピック疑惑?!】ソトニコワvsキムヨナvsコストナー 真のチャンピオンは?

 今回は、前回ISUによる審判の倫理規定を改定したことを紹介しましたが、その中でも改定に至った理由の一つであるソチオリンピック疑惑についてお伝えします。


  f:id:kopipitokabax:20190714093535p:plain


 ソチオリンピックフィギュアスケートにおける騒動を皆さんはご存知でしょうか??


 そうです、、、金メダルを獲得したのは、アデリナ ソトニコワ選手という地元のロシア選手なのですが、ここで問題視されたのがその時にいた審判の技術パネルの顔ぶれです、、、


 ロシアのソトニコワ選手が韓国のキム・ヨナ、イタリアのカロリーナ コストナーを押さえ、予想外の(本人には申し訳ないのですが)金メダルを獲得しました。


 この結果に韓国からは抗議の声がかなり有り、スケートの関係者からは銅メダルを獲得したコストナーこそが金メダルに相応しいという意見も中にはあったそうです。


 皆さんはどう思いますか?

 
 私は、多少の母国のアドバンテージがあっても実力を出し切ったソトニコワ選手に異論はないのですが、、


 問題視された技術パネルに入っていたのは、ロシアのアレクサンドル ルケルニックがコントローラー、スペシャリストがフランスのヴァネッサ グスメロリ、アシスタントスペシャリストがフィンランドのオラガ バラノワでした。


 しかし、名前からも察するようにバラノワは、ロシアから帰化した元ロシア人なのです!技術パネルの3人はそれぞれ違う国籍でなければならないというルールは当時もあったのですが、ご覧の通り、3人中2人がロシア人という結果でした。


 技術パネルが3人というのには意味があって、スペシャリストとアシスタントスペシャリストの意見が割れた場合、コントローラーが投票して最終決定をするようになっています!


 ソトニコワ選手は、ショート、フリーとも勢いのあるミスのない演技でした。


 しかし、直前に行われた欧州選手権まで、回転不足や不正エッジの判定を受けていたソトニコワ選手が、ソチの時だけまったく減点されていなかったことに疑問を投げる関係者は少なくないです。


 ロシア人2人が入っていた技術パネルにフェアな判定ができていたかどうか、、、


 真相は、闇の中です、、、、、、、、、

【審判についにメスが入る!】国際スケート連盟(ISU)審判の倫理規定を大幅改定!!

 国際スケート連盟(通称ISU)が、今月2日に技術パネル、レフリー、ジャッジの倫理規定を大幅に改定したと発表しました!!


 これは画期的なことです!審判のルールを改定するのは初めてのことではないでしょうか?

 
 なぜなら、これまでの長い間、問題視されていた関係者間の交流にまでメスが入れられたことになったのですから!


  f:id:kopipitokabax:20190713224407p:plain



 長々と改定された内容を説明する前に、まずは「技術パネル」 「レフリー」 「ジャッジ」のそれぞれの役割の説明から行きましょう。


 まずは、「技術パネル」から

 「技術パネル」とは、ジャンプの回転の承認、スピンやステップなどのレベル判定を行う技術判定チームで、テクニカルコントローラーテクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリストの3人から成っています。

 彼らは、あくまでレベル判定をするだけであり、評価はしません。回転不足のチェックなどを行っています。


 続いて、「レフリー」
 「レフリー」とは、ジャッジの総責任者です!競技の採点が滞りなく行われているかを監視しています。

 選手達の演技中に靴ひもがほどけるなど予期せぬトラブルが起こった場合の対応や判断もこのレフリーが行います。


 そして、「ジャッジ」

 「ジャッジ」は、3つの中でもよく聞き、みなさんも知っているかも知れません。技術パネルが判定したジャンプのエレメンツに対して、プラスまたはマイナス評価をつけていきます。演技評価の5コンポーネンツも彼らが行っています。


 国際大会では、通常9人、非常事態に備えて予備ジャッジ1人がいます。誰が予備に回るかは事前の抽選で決まるそうです!


 ここまでが、「技術パネル」 「レフリー」 「ジャッジ」3つについて説明してきました。


 さあ、次は本題の改定内容を何個かお伝えしていきましょう!(特に、技術パネルとレフリーについては厳しく詳細に渡って書かれていました、、、)


 まずは、個人的な人間関係から。

 ジュニアとシニアのグランプリシリーズ及びグランプリファイナル、欧州選手権四大陸選手権、世界選手権、冬季オリンピックにおいて、出場する選手と特別な関係にある人は、レフリー、テクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリストの任務に就くことは許されないことになりました。

 ここで言う特別な関係とは、家族的な交流、名付け親(ゴシップペアレンツ)、親しい友人、選手本人及びその親、親戚、またはコーチと敵対関係にある人物を指します。

 テクニカルスペシャリストとアシスタントテクニカルスペシャリストが現役のコーチである場合、その教え子のライバルが出場する大会には任命されません。また、自分の教え子がジュニアまたはシニアグランプリシリーズに出場しているコーチは、そのシリーズ全体を通して、テクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリストの任務に就くことは出来ません。


 続いての項目は、各国のスケート連盟会長などの幹部が採点に携わることを制限したことです。

 今回の倫理規定改定では、各国連盟会長、副会長、事務局長、スポーツディレクターは、役職に就いているあいだ、グランプリシリーズや世界選手権、冬季オリンピックなどの大きな大会において、レフリー、技術パネル、ジャッジに就くことは禁止されました。


 次は、オリンピックに大きく影響するであろう改定です。

 その内容とは、オリンピック前年の世界選手権でトップ5に入った選手、またはオリンピックでトップ5に入ると予想される選手と同じ国のレフリー、技術パネルは、翌年の冬季オリンピックのその種目に任命されないことになりました。


 とすると、おそらく日本やロシアの審判は出られないということになりますね、、、

 
 最後は、接待等に関する改定です。

 宿泊費や食事代などは、接待側が出しても良いが、最大で200スイスフランまでと規定されました。日本円に換算すると、約2万円なのであまり出せないことになります。


 以上が、長々と書いてきたおおよその審判の倫理改定内容でした。どうだったでしょうか?

 個人的には、やっと改定がなされたかとひと安心しました。これまでの大会でも本当にこの採点で良いのかみたいな事例はありにはあったので、この改定で少しでも公平な審判がなされることを願ってます!!!!


 長すぎてうんざりした方もいたかもしれないですが、読んで下さり、ありがとうございます!!!

【やっと発表!!】平昌オリンピック女王 アリーナ ザギトワ 新フリープログラムとは?

 今回は、ようやくオリンピック女王であり、現世界チャンピオンでもあるアリーナ ザギトワ選手が、6日に今季の新フリープログラムを公表したことについてお伝えします。

  f:id:kopipitokabax:20190709100448p:plain


 その新曲とは、、、、


 クレオパトラです!!ザギトワ選手は、ロシア語と英語、そして日本語で、「今年の新しいフリープログラムは見たことがないほど魅力的なクレオパトラを楽しみにしててください」とコメントをしていました!自身に満ちあふれていて良いですね!


 ちなみに音楽は、
ピーター ガブリエル「The feelings begin」、
モーリス ジャールアラビアのロレンス序曲」、ハティム ヒシャムの「Ramses」
の3つを使用しているといいます。


 ザキトワ選手が今まで使用したプログラムは、「ドン キ ホーテ」、「カルメン」ですよね!?そして、今季の新プログラム「クレオパトラ」。どれも有名な曲でとてもドラマチックですね!!!


 クレオパトラといえば、安藤美姫さんが現役の時(確かバンクーバー五輪シーズン)に滑っていた曲なので、だいたいそんな風に仕上げてくるのかなと予想しています。アラビア風の曲をどんな感じに仕上げてくるのか、、、衣装も見どころだと思っています!!


 ちなみに宮原知子選手もアラビア風のプログラムを滑るというので、2人に注目していきたいです!


 今回は、以上です。ありがとうございました。

【あまり知られていませんが、、、】カナダ女王 シャルトラン 休養を発表!?

 今回は、カナダ選手権2019の女王であるアレーヌ シャルトラン選手が休養を発表したことについてお伝えします。


 シャルトラン選手を皆さんご存知でしょうか??

  f:id:kopipitokabax:20190707092751p:plain
 このような選手です!


 シャルトラン選手は、今季の前半戦を欠場すると決意したそうです。ただし、引退は否定しているようです。カナダ紙の「オタワ シチズン」が伝えています。


 記事の方では、「シャルトランが活動を休止 引退はせず」という見出しで報道していました。しばらくの間、大会からは離れますが、引退はないそうです(繰り返しになってしまいますが、、)。シャルトラン選手は1ヶ月前からバンクーバーに拠点を移して、ブリティッシュ コロンビア大学で運動学を学んでいるそうです⛸

  f:id:kopipitokabax:20190707093258p:plain
 バンクーバーの風景


 「今まで一度も休みを取ったことがないの。休みをとったあと、どう感じるかは分からないわ>」とコメントしています、、、そうですよね。今はまだ複雑な心境かと思います。選手は膨大な練習を積み重ねているので、知らず知らずのうちに披露が溜まっていきます。思い切って休むのもベストですね。 


 父のジョン氏も今季のグランプリシリーズには出場しないことを明らかにした上で、「彼女は落ち着きたいんだ。学校で良い足がかりを得たい。もし気分が良ければハードな練習もできるだろう」とコメントしています。優しい方ですね!家族も温かく見守っていることが分かります。


 シャルトラン選手は、カナダ選手権には出場する意向だそうです!シーズン前半は大学生活に身をおいて、心をリフレッシュしていきます。十分に休んでほしいです、、、


 さて、シャルトラン選手の主な経歴ですが、14ー15シーズンにシニアデビューし、翌シーズンにカナダ選手権を優勝しています。世界選手権にも3度出場しています。昨シーズンは3大会ぶりにカナダ選手権を優勝しました🏆


 残念ながら、グランプリシリーズには出場しませんが、引退はないようなのでまた競技で見られることを楽しみにしています!カナダ女子の有力選手なので牽引していって欲しいです!!!(最近、カナダ女子は、オズモンド選手が引退して以降低迷中なので、何とか巻き返してもらいたい!)


 以上で今回は終わります。ありがとうございました!!