フィギュアスケート路線をいざ出発♬♬

さあ、もうすぐフィギュアスケート路線が出発しますよ!!各駅にはフィギュアスケートの情報が満載!特にコストルナヤ選手の情報はお見逃しなく!!ぜひご乗車ください!!

メドベデワ 現役続行の意思を固めて

 今回は、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が2021-2022シーズンも現役の意思を固めたことについてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20210610220749j:plain

 平昌五輪で銀メダルに輝いたメドベデワ選手です。五輪後のシーズンでは、かつてのように力が発揮できず、調子の波も大きくなったほどでした。世界選手権では銅メダルを獲得したもののかつての無双ではありませんでした。


 五輪までは無双のメドベデワ選手でした。その後はコーチの移籍や体型変化、後輩の急激な追い上げに苦しみました。しかし、試合には出続け、ロシア選手権2020のショートまでは出場してました。


 靴やケガの状態もあり、フリーは棄権しました。国内試合を辞退というのは余程悪かったと思われます。こうして2019シーズンは終えました。


 2020シーズンは、最初のテストスケートのみ出場しました。プログラム披露して終了したので試合でもありませんでした。ジャンプが不調でスピンも苦しそうでした。それ以降は1回も出場しませんでした。メドベデワ選手にとっては初のことでした。


 引退かなと思いましたが、2021シーズンも現役の意向を示しました。今シーズンは初めて強化選手から外れることになりました。ザギトワ選手も外れて平昌五輪組は一人もいなくなりました。悲しいですが完全に世代交代が完了しましたね。


 メドベデワ選手は練習は続けるみたいなのでまた見れたらいいなと思います。


 今回は以上です。ありがとうございました。

「2021-2022シーズン」ロシア強化選手が発表!北京五輪へ向けて

 今回は、2021-2022シーズンのロシア強化選手が発表されました。なんと言っても北京五輪シーズンですので、誰が選ばれて、3名の代表を勝ち取るのか気になりますよね。

 f:id:kopipitokabax:20210515172704j:plain


強化選手

アンナ・シェルバコワ

エリザベータ・トゥクタミシェワ

アレクサンドラ・トルソワ

カミラ・ワリエワ

ダリア・ウサチョワ

マヤ・フロミフ

(補欠)

アリョーナ・コストルナヤ

エリザベータ・ヌグマノワ

以上8名の選手


 やはり、世界選手権で優勝したシェルバコワ選手が選ばれるのは当然ですね。多分、五輪にも1番手で選ばれるでしょう。トゥクタミシェワ選手が選ばれて嬉しいですね。他の選手より7歳も上です。すごいことです。


 来ましたね。ワリエワ選手。ワリエワ選手も1番手にくる可能性ありです。15歳で一番良い年齢です。ジュニア時代でロシア選手権銀メダルですから。シニアデビューで勢いに乗れるか。


 個人的にウサチョワ選手に期待です。唯一大技なしで魅せられる選手ですので。北京五輪代表争いに加わりそうです。


 あれ、コストルナヤ選手が補欠になってしまいました。なんとか強化選手入りですが、頑張りたいところです。昨季はコーチも入れ替えで不調シーズンでしたので、仕方ないですがタイミングが悪いですね。しかし、エテリコーチに戻ったのでアクセルを取り戻して、2年前の輝きを戻してほしいです。五輪代表に選ばれてほしいです。


 ヌグマノワ選手は初入りですね。素晴らしいです。世代でいうとツルスカヤが現役だった頃と同い年くらいです。這い上がってきました。19歳で大人びた演技です。


 ザギトワ選手とメドベデワ選手は遂に外れてしまいました。この時がきたかという感じです。完全に世代交代ですね。寂しいです。メドベデワ選手は現役ですが、強化選手を外されると代表は無理でしょう。


 今回は以上です。ありがとうございます。

ユ・ヨンも五輪出場が危うし!? 韓国フィギュア界の層の厚さ

 今回は、ユ・ヨン選手も世界選手権に選ばれない程に層が厚い韓国フィギュアスケート界についてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20210411214745j:plain

 韓国フィギュアスケート界は、今や層が厚いことで知られてきています。ロシアや日本だけでは無くなってきています。韓国もユ・ヨン選手でさえ、代表になれない時代になっているのです。


 ユ・ヨン選手といえばトリプルアクセル。昨シーズンの四大陸選手権では、地元韓国でトリプルアクセルを見事に決めて、キム・ヨナさん以来のメダルを獲得したのでした。

 
 韓国選手権でも4連覇を達成しているなど、敵なしかと思われたユ・ヨン選手。しかし、今シーズンはそう上手くいきませんでした。

 f:id:kopipitokabax:20210411214815j:plain

 NHK杯ではショートで大きく出遅れ7位に終わり、さらには余裕と思われた韓国選手権でもまさかの4位と表彰台まで逃しました。


 世界選手権の代表にももれてしまいました。


 そのユ・ヨン選手を上回ったのが、キム・イエリム選手とイ・ヘイン選手です。もうひとりはジュニア選手でした。キム・イエリム選手は抜群の安定感で優勝しました。大きなジャンプが魅力です。


 イ・ヘイン選手は優雅なスケートが魅力で、シニアデビューながら、世界選手権に選ばれました。今後に期待できる選手だと思います。


 韓国選手は、ジュニア勢が特に強く、国際大会でも日本を凌ぎ表彰台に乗ってきています。知らない韓国選手もいます。


 そういえば、世界選手権2019に出場したイム・ウンス選手も選考されませんでした。イム・ウンス選手とユ・ヨン選手は体型が変化して調整に苦労してるかもしれないです。

 
 来季は五輪シーズンなので、なんとか調子を取り戻してほしいです。トリプルアクセルを跳ぶ唯一の選手なので、ぜひ復活して選ばれてほしいです。


 意外と層が厚い韓国なので、ロシアみたく毎年のように代表が変わるかもしれないです。それも面白いですが。


 五輪は誰が選ばれるのか楽しみです。


 今回は以上です。ありがとうございます。