フィギュアスケート路線をいざ出発♬♬

さあ、もうすぐフィギュアスケート路線が出発しますよ!!各駅にはフィギュアスケートの情報が満載!特にコストルナヤ選手の情報はお見逃しなく!!ぜひご乗車ください!!

紀平梨花が陥った減点新ルール「4分の1回転不足」とは何なのか!?

 今回は、世界選手権2021で2位発進の紀平梨花選手が陥った減点の新ルール「4分の1回転不足」とは何なのかについてお伝えしていきます。

 f:id:kopipitokabax:20210325175302j:plain

 紀平梨花選手は、ショートでトリプルアクセルをきめ、79点と好発進をきりました。完璧かと思いきや、ジャンプで回転が足りなくて、いつの間にか減点されていたのでした。何故でしょうか


 それは今シーズンからの新ルールである4分の1回転不足による減点対象となっていたからでした。紀平選手はトリプルアクセルと連続ジャンプの後半に4分の1回転不足を意味するqマークが付いていたのです。


 基礎点は変わらず、GOEの減点という新ルールが採用され、大きく減点されてしまったのです。このややこしいルールは、「4分の1回転未満」、「4分の1回転以上、2分の1回転未満」の間に追加されたものです。


 パッと見ただけでは分からない数ミリ単位の回転不足に足元をすくわれたという形でした。


 そうは言っても、着氷するのが第一なのでクリーンに滑れたのは素晴らしかったです。減点されても流れのあるジャンプを跳べば、紀平選手のように高得点も狙えると思います。80点に届かなかったのは数ミリの減点によるものでしょう。


 フリーでは、4回転に挑戦するらしいので楽しみですね。フリーはピアノの曲なので雰囲気がガラッと変わりますね。減点新ルールに惑わされずに滑ってほしいです。


 今回は以上です。ありがとうございます。